二重にするだけで目の雰囲気がガラリ【短時間で受けられるので人気】

自分のイメージを伝える

目元

カウンセリングが重要

二重整形を受ける人の数はとても多いので、多くの美容外科クリニックでは十分な症例数を持っています。そのため、ほとんどのクリニックでは確立した技術をもつ医師が揃っており、多くの患者が通っている一般的なクリニックであれば医師の技術にそこまで不安をもつ必要はありません。しかし、そのような現状でありながらも、整形手術に失敗をしたと感じる人が多いのは医師のもつ完成イメージと患者がもつイメージに大きな違いがでているためです。二重整形を受ける前には医師の診察を受けて、どのような仕上がりにしたいかを相談しますが、その時にイメージを上手に伝えることができないと仕上がりに満足できなくなってしまうのでしょう。二重といっても幅や形など様々なものがあるので、自分がもっているイメージをいかに担当医に伝えられるかも重要なポイントになってきます。医師は施術に慣れているので、患者の希望を聞いてどういった二重にしたいかの予測をして手術の計画を立てていきます。この時に医師が間違った計画を立ててしまうと予定通りに手術が成功しても、患者の希望とはちがうという結果になってしまいます。そのため患者側も正確に希望を伝えられる準備をしておくことが大切です。画像を見せたり、納得いくまで話し合いをしたりして医師が自分の希望を理解してくれているかを確認しましょう。大丈夫だろうと言わないでいると誤解されたまま手術が行われることがあるので、十分な話し合いが必要です。そのためには、時間をかけて診察を行ってくれるクリニック選びが重要ということになるでしょう。二重整形を受ける時には、最初に元の状態の目を診察してもらい、それからどういった二重にするかを決めます。この時に患者側からも自分の希望を伝えますが、医師からは元の目の状態に合った二重を提案されるでしょう。二重整形は比較的簡単な施術ですが、元の目の状態によっては不向きになることもあります。また二重にすることができても不自然に見えるようなものになっては顔の印象が悪くなってしまうでしょう。そういったことを考えて医師からのアドバイスがあるので、それも聞いた上で手術の詳細を決めましょう。自分が希望する形の仕上がりがあるのはわかりますが、それが自分の顔と相性がよいかはわかりません。医師は今までにたくさんの人の手術をしてきているので、元の顔を見れば手術後の仕上がりまで予測することができます。そのため診察を受ける時には自分の希望を伝えるだけでなく、医師の意見を聞く場所としての意味があることも忘れないようにしましょう。理想を押しつけ過ぎると、仕上がりが不自然になるなどデメリットが大きくなります。準備の段階で自分に合った仕上がりになるような施術計画を立てておくことが重要なので、時間をかけて納得できるまで話し合いをしましょう。医師の説明に納得できない時には他のクリニックを受診してみると別の意見を聞くこともできます。カウンセリングだけであれば無料で行っているところが多いので、いくつかのクリニックに行ってみることをおすすめします。申し込みをする時にはカウンセリングを受けたクリニックの中から自分に最も相性が良いと思ったところを選ぶと良いでしょう。